ブログトップ

楽しみは「ぶら~り旅」にて見聞き知り、備忘録にて残す時。

chiketas.exblog.jp

ストレス解消に、気ままなぶら~りと黄色いアウディA4&青いジャイアントESCAPE AIR→青いルノーカングー&青いトレックEMONDA ALR5レポ。

癒しの2泊3日広島の旅・3日目前編

f0328134_11564234.jpg
錦帯橋と岩国城・厳島神社・広島城とお好み焼きと、父親の希望を含めてたくさん周遊した2日目を堪能して、、、最終日の3日目は雨天になりました。
もし1日目が雨予報で3日目が晴予報だったら旅程を逆にする予定をしていましたが、計画通り順調に進んで良かったです。
宿泊先を出発、福井~広島間を除く旅程の中で唯一運転手を担当、鯉城通りを南に進んで京橋川に架かる宇品橋を通ります。




広島高速3号線を宇品ICから入り、仁保JCTからは広島呉道路へと進みます。
f0328134_12060022.jpg
f0328134_12061618.jpg
 
最後のトンネルの中から渋滞が発生、速度を落としてゆっくり進みます。
f0328134_12581360.jpg
 
呉市内を通ります。
今西通りを進んで、JR呉駅前から国道31号線へ。
f0328134_13012582.jpg
f0328134_13021074.jpg
 
県道242号線へと進むと、最終日の目的地2つが見えてきました。
f0328134_13043100.jpg
 
戦艦「陸奥」の引揚げ品を横目に、入館します。
f0328134_13140022.jpg
f0328134_13161343.jpg
f0328134_13162707.jpg
 
企画展が催されている、『大和ホール』へ。
「海底の戦艦大和-呉市潜水調査の成果-」として、、、過去3回潜水調査が実施され、第4回の潜水調査は呉市が実施した成果を展示しています。
f0328134_13254139.jpg
f0328134_13255744.jpg
 
鹿児島県枕崎市沖200kmの海域から引き揚げられた品々。
f0328134_13310902.jpg
 
現在、海底に眠る戦艦「大和」の各部、の模型。
f0328134_13325990.jpg
 
戦艦「大和」の艦首部の、実寸大の模型です。
f0328134_13341380.jpg
 
『大和ひろば』については、後ほどに。
f0328134_13361197.jpg
 
『呉の歴史』ブースへ、、、造船の町・軍港の町として栄えた戦前の海軍の歴史と、平和産業港湾都市として再生された戦後の呉市の歴史が、大変分かりやすく展示されてます。
f0328134_13410614.jpg
 
大和ミュージアムには、貴重な近代化産業遺産が5つかあります。
そのうちのひとつ、巡洋戦艦「金剛」に搭載されたヤーロー式ボイラーです。
f0328134_13471330.jpg
 
福井県出身の海軍大尉・佐久間勉が艇長を務めていた、第六潜水艇の遭難についても展示がありました。
f0328134_13585322.jpg
 
戦艦「大和」についての展示がずらり。
f0328134_14013538.jpg
f0328134_14050246.jpg
 
近代化産業遺産・「大和型」150cm探照灯反射鏡、予備品として残っていたモノとのこと。
f0328134_14113156.jpg
 
呉市から見た、広島市に原爆投下された直後の写真もありました。
こういう、広島市外からの原爆キノコ雲の写真を拝見するのは初めて。
ちなみに、呉市も軍港・鎮守府があったため空襲されていると同時に、、、この様に呉から広島市からの原爆キノコ雲が目視できたために、市民が広島市へ助けに行って被爆者になった人も大勢でました。
原爆投下された広島市と長崎市が被爆者人数の全国第1位と2位ですが、長らく広島市東隣の呉市が第3位だったのです(西隣の廿日市町が平成の合併で市制施行をしてからは、廿日市市が被爆者人数第3位、呉市が第4位に順位が変動しました)。
f0328134_14143215.jpg
 
『呉の歴史』ブースを出て、『大和ひろば』を再び横目に。
大和型戦艦二号鑑である戦艦「武蔵」の小さい模型と比較すると、「大和」の側面には高角砲がズラリと備わっている様子が一目瞭然。
f0328134_14224734.jpg
f0328134_14233743.jpg
 
『大型資料展示室』へ。
最初に、、、九三式魚雷・二式魚雷や、特攻兵器「回天」十型(試作型)が展示。
先軍政治や戦争状態になると、人権なんて薄っぺらになることを見せてくれます。
f0328134_14312554.jpg
 
こちらも近代化産業遺産、、、「ゼロ戦」こと、零式艦上戦闘機六二型です。
太平洋戦争に開発された当時類稀なる性能を持った戦闘機ですが、、、これもまた「神風特別攻撃隊」で若く尊い命が数多く失われたことも重い事実です。
f0328134_14380897.jpg
f0328134_14390859.jpg
f0328134_14405508.jpg
 
戦艦「大和」や「陸奥」で使用された砲弾です。
f0328134_14424151.jpg
 
『大型展示資料室』の上に進むように順路が延びているので、「回天」や「ゼロ戦」を眺めながら進みます。
f0328134_14464718.jpg
f0328134_14474929.jpg
f0328134_14490214.jpg
 
『大和ひろば』にある、近代化産業遺産である10分の1戦艦「大和」を、上から眺めます。
f0328134_14531037.jpg
f0328134_14535743.jpg
f0328134_14544298.jpg
f0328134_14552766.jpg
 
3階の『船をつくる技術』ブースでは、誰にでも分かりやすく「なぜ船は水に浮くのか」「船のつくりかた」「船の動かしかた」といったことを教えてくれます。
f0328134_14591234.jpg
 
窓の外を見ると、呉の港が見えます。
ここからフェリーも出ていて、広島市や松山市と連絡しています。
f0328134_15010913.jpg
 
エレベーターで降ります。
f0328134_15021796.jpg
 
最後に、『大和ひろば』の10分の1戦艦「大和」を間近でジックリと一周しながら拝見しました。
f0328134_15044068.jpg
f0328134_15052579.jpg
f0328134_15062782.jpg
f0328134_15072928.jpg
f0328134_15084697.jpg
f0328134_15094612.jpg
f0328134_15104097.jpg
 
ちなみに、残ったもうひとつの近代化産業遺産は、、、戦艦「大和」設計図面です。
こちらは、実際に大和ミュージアムを訪れて拝見していただけたらと思います。

戦艦とか、戦闘機とか、魚雷とかって、、、工業製品として美しいんですよね。
しかし、その美しさは戦後の日本が守ってきた「専守防衛」とは別なモノで、造った人も操る人も軽んじられ歯車のひとつにしかなり得ない「二度と繰り返してはいけない」美しさ。
大和ミュージアムは、戦争美化・軍事技術賛美の施設では決して無いことを、実際に訪れてみれば分かります。

大和ミュージアムを後にして、戦艦「陸奥」の主砲を見ながら、、、最後の目的地へ向かいます。
f0328134_15190996.jpg
f0328134_15192999.jpg
 
3日目後編へ続きます。。。
 
 


[PR]
by chiketas | 2017-11-08 10:30 | お出かけでぶら~り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chiketas.exblog.jp/tb/29571665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。