ブログトップ

楽しみは「ぶら~り旅」にて見聞き知り、備忘録にて残す時。

chiketas.exblog.jp

ストレス解消に、気ままなぶら~りと黄色いアウディA4&青いジャイアントESCAPE AIR→青いルノーカングー&青いトレックEMONDA ALR5レポ。

癒しの2泊3日広島の旅・2日目その2「宮島」後編

f0328134_11300643.jpg
岩国市から廿日市市に移動し、宮島口からJR西日本宮島フェリーにて厳島神社の大鳥居を沖から眺めながら渡船、瀬戸内海国立公園内かつ国指定特別史跡および特別名勝である宮島上陸を果たしました。
「宮島」とここでは言っていますが、国土地理院による正式名称は「厳島」。
廿日市市と合併する前の自治体名にしても、特に合併した訳でもなく戦前は「佐伯郡厳島町」、戦後は「佐伯郡宮島町」と変遷。
弊Blogでは、合併する前の自治体名であり現在の住所(廿日市市宮島町)であることから、「宮島」に統一します。




二つ目の目的地・厳島神社へ向かうべく、大野瀬戸沿いに進みます。
先ずは、遅い昼食を取りたいのですが、、、中々すぐに席に座ることができるお店が見つかりません。
f0328134_11450327.jpg
f0328134_11452177.jpg
 
お土産店が並ぶ通りへ進んで、ウロウロ…。
f0328134_11463821.jpg
f0328134_11465526.jpg
 
宮島上陸から20分歩いて、ようやく『みやじま食堂』という定食店へ。
宮島名物でもある「穴子めし定食」をいただきました。
旨かったです!
f0328134_11505283.jpg
f0328134_11511137.jpg
 
無事昼食にありつけた後は、「神様の御使い」鹿さんを眺めつつ参道を進みます。
f0328134_11534060.jpg
f0328134_11540261.jpg
 
鳥居と、大きな狛犬に出迎えられます。
f0328134_11561593.jpg
 
観光客がたくさんいたので何だろうかと行ってみたら、国指定重要文化財・大鳥居が大きく見えるところでした。
干潮であれば、歩いて大鳥居の傍まで行けるんですよね。
f0328134_11585582.jpg
f0328134_11590806.jpg
 
海に浮かぶ朱色の建物が見えてきて、気分が揚がります!
f0328134_12012760.jpg
f0328134_12014594.jpg
 
もうとにかく拝観客で混みあっている、世界遺産かつ国宝である厳島神社へ。
広島平和公園と同様、30数年ぶりの訪問です。
f0328134_12063765.jpg
f0328134_12065647.jpg
 
厳島神社も、、、修学旅行生を含めた、洋の東西問わず老若男女問わずの、ホント大勢の拝観客で人酔いしそうでした…。
本社拝殿や平舞台など、説明無しに撮った写真を並べておきます。
f0328134_12274010.jpg
f0328134_12283088.jpg
f0328134_12293144.jpg
f0328134_12302033.jpg
f0328134_12310629.jpg
f0328134_12315233.jpg
f0328134_12325433.jpg
f0328134_12334015.jpg
f0328134_12350043.jpg
f0328134_12361077.jpg
 
個人的な感想ですが、、、京都以上に「平安時代」を感じる場所だなぁ~と思った次第。
実際には鎌倉時代や室町時代に建て替えられているのだが、基本的には平安末期の様式を引き継いでいるとのこと。

間近の浜を見ると、一気に潮が引いているのを確認できました。
こんなに、明らかに潮の引きを見れるとは驚きです。
f0328134_12365651.jpg
f0328134_12393169.jpg
f0328134_12412163.jpg
 
あっという間に、参拝順路を終えてしまいました…。
父親が望んだ二つの目的地である、錦帯橋と厳島神社の訪問を果たすことができました。
欲を言えば、もうちょっと拝観客の少ない時期に再訪して、社殿巡りをゆっくり堪能したいなぁと。
f0328134_12462509.jpg
 
父親も含めてみんな人酔い状態だったので、千畳閣や宮島ロープウエーはパスして戻ることになりました…。
いやいや、ホント凄い人出だったんですよ。

参拝順路出口の近くにあった、「小松内大臣 平重盛公御手植松」。
現在に伝わる社殿を整えた武家初の太政大臣・平清盛の嫡男である重盛が植えた松の根っこが残ったもの。
f0328134_12591748.jpg
 
厳島神社の外側を通って行きます。
人力車に乗ってみたいなぁ~と見る度に思いますが、踏ん切りがつかない私がいます…。
f0328134_13012793.jpg
f0328134_13023697.jpg
f0328134_13040835.jpg
 
「後白河法皇御行幸松」、後白河院って、ホントあの時代としては異常なくらいあちこち(何度も熊野詣でしたり、福原行幸したり、東大寺の大仏の開眼の筆を執ったり…)動いた稀有な御人なんですね…。
f0328134_13131422.jpg
 
裏からも、大鳥居を望むことができましたよ。
f0328134_13141908.jpg
 
再び、宮島の繁華街を通って行きます。
途中トンネルを通りましたが、何ヶ所か宮島内にはあるんですね。
f0328134_13164034.jpg
f0328134_13171585.jpg
 
どこを歩いているのか分からない状況でしたが、、、狛犬のいる鳥居を見つけてやっと把握した次第です。
f0328134_13190756.jpg
 
宮島駅に向けて進みます。
途中、「揚げもみじ饅頭」を食べたり、「宮島の大杓子」を見たり。
f0328134_13210477.jpg
f0328134_13215327.jpg
f0328134_13223641.jpg
 
人酔いしましたが、、、日本三景に名を連ねる「安芸の宮島」に来て良かったです。
30数年前に厳島神社の良さなんて分からないし、その時の記憶も無いし。
大河ドラマで出た頃から再訪したいなぁと思っていたので、疲れたけど嬉しかったですね。

参道を下って、宮島駅に戻ってきました。
f0328134_13242209.jpg
f0328134_13251091.jpg
 
宮島連絡船に乗船する列が、JR宮島フェリー側も広島松大汽船側も外にまで延びてました…。
f0328134_13271752.jpg
 
改札口まで、結構時間がかかりました。
JR宮島フェリーも広島松大汽船も、往復ともに宮島駅の改札口で精算(切符改修)なのです。
f0328134_13302134.jpg
 
桟橋へ向かいます。
宮島の桟橋は屋根があるから雨が降っても大丈夫。
そういえば、原爆ドームの近くから運航しているアクアネット広島も、ここの桟橋に到着するのだから、、、厳島神社を再訪する機会があったら乗船してもいいのかもしれないです(但し、私は船酔いに注意ですが…)。
f0328134_13323894.jpg
  
さぁ、帰りのフェリー「みやじま丸」に乗船します。
f0328134_13360586.jpg
f0328134_13394681.jpg
f0328134_13401378.jpg
 
厳島神社の大鳥居を眺めながら、出港です。
f0328134_13421249.jpg
f0328134_13423718.jpg
 
帰りの航路は、宮島口へ真っ直ぐ!
f0328134_13434222.jpg
 
すれ違う広島松大汽船のフェリーを見ると、修学旅行生の制服で真っ黒。
めちゃ手を振りまくっていたので、こちらも手を振ってお返し。
f0328134_13450022.jpg
 
約10分の航海を終えて、宮島口の桟橋に到着です。
f0328134_13460998.jpg
f0328134_13463018.jpg
f0328134_13465935.jpg
 
JR宮島口駅の山側にある駐車場へと、戻ります。
f0328134_13505330.jpg
f0328134_13511478.jpg
 
2日目、もうひとつ続きます。。。
 
 


[PR]
by chiketas | 2017-11-07 15:00 | お出かけでぶら~り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chiketas.exblog.jp/tb/29546400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。