ブログトップ

楽しみは「ぶら~り旅」にて見聞き知り、備忘録にて残す時。

chiketas.exblog.jp

ストレス解消に、気ままなぶら~りと黄色いアウディA4&青いジャイアントESCAPE AIR→青いルノーカングー&青いトレックEMONDA ALR5レポ。

癒しの2泊3日広島の旅・2日目その1「岩国」後編

f0328134_10152782.jpg
癒しの広島旅の2日目、錦帯橋を渡って吉香公園を通ってロープウエーに乗車した後は、、、山頂駅から尾根伝いの道を進みます。



階段になった道を上ると、、、
f0328134_10224940.jpg
 
岩国城が見えてきました!
f0328134_10234353.jpg
 
石垣横の石段を通って、入城します。
入城料も、錦帯橋渡橋チケットのセット料金に入っています。
f0328134_10263780.jpg
f0328134_10270118.jpg
 
城内の大半は、撮影禁止です。
そんな中、錦帯橋の縮小模型があったので撮ってみました。
f0328134_10295110.jpg
f0328134_10301148.jpg
 
最上階まで上がってきました。
床には、江戸時代の岩国の古地図が表示されている演出が嬉しい。
f0328134_10320279.jpg
f0328134_10322024.jpg
 
岩国城復興天守の最上階からの眺めです。
先ずは南側、ロープウエーから歩いてきた方向です。
f0328134_10351102.jpg
 
メインな眺望の東側、錦川に架かる錦帯橋がハッキリと見えます。
若干霞がちな天候だったのでイマイチですが、スッキリ晴れると瀬戸内海に面した岩国錦帯橋空港ならびにアメリカ海兵隊と海上自衛隊の岩国基地まで眺めることができるとのこと。
f0328134_10401580.jpg
f0328134_10403256.jpg
 
北側の眺めですが、、、木々に隠れて、謎の石垣が見えます。
f0328134_10420761.jpg
 
岩国城を出て、北側から復興天守を眺めます。
f0328134_10430328.jpg
 
復興天守から北へ30m離れたところにある石垣が、本来の位置の天守台。
昭和37(1962)年に復興天守を建てる際に、錦帯橋から眺めた見栄えの良さを重視して位置をずらしたとのこと。
f0328134_10464836.jpg
 
岩国城を後にします。
岩国城の縄張りを示したジオラマ?を見ると、たった7年で廃城にされたのが勿体無い堅固な山城であることが分かります。
f0328134_10481695.jpg
f0328134_10502209.jpg
f0328134_10504220.jpg
f0328134_10514216.jpg
 
途中までは、、、廃城後も残った石垣を間近に見れる、往路とは違う雰囲気抜群な登山道を下って行きました。
f0328134_10520698.jpg
f0328134_10523167.jpg
f0328134_10543907.jpg
 
岩国城ロープウエーの山頂駅まで戻ってきました。
往路の時には気付かなかったのですが、駅舎はお城の雰囲気がある建物だったんですね。
f0328134_10552988.jpg
f0328134_10564987.jpg
 
駅前の広場には「からくり時計」が設置されていて、、、中の人形が動いたり音楽が鳴ったりしたのを、発車時刻を待っている最中に体験できました。
f0328134_11001587.jpg
 
山頂駅のすぐ傍にある展望スペースから眺めた、岩国市街。
岩国城天守と比べると、ちょっと位置的に錦帯橋は眺めることができませんが、、、でも良い感じの眺望です。
f0328134_11021767.jpg
 
発車時刻間近になり、改札口が開いたので復路のロープウエーに乗車します。
f0328134_11035155.jpg
f0328134_11041608.jpg
 
ロープウエーを下っていると、往路では静かだった吉香公園の噴水が作動している様子を眺めることができました。
f0328134_11054415.jpg
f0328134_11060474.jpg
 
ロープウエーの山麓駅を後にして、吉香公園を往路とは違う道を進みます。
御堀が残されて、江戸時代の櫓を模して明治に建てられた「錦雲閣」や岩国徴古館吉川史料館がとても良い雰囲気を醸し出してくれてます。
地味に感じるかもしれないが、こういう侘び寂びはアリだと思います。
f0328134_11182402.jpg
f0328134_11195749.jpg
f0328134_11201767.jpg
 
岩国城は、関ヶ原の戦いの後に長門・周防2ヶ国に封された毛利家の一門・吉川家の3代当主・吉川広家(初代当主は毛利元就の次男・元春)が西の要として入封した際に、8年の歳月をかけて築城されたもの。
ところが、「宰相殿の空弁当」で知られる様に、関ヶ原では最初から徳川方に内応し西軍の毛利本隊を食い止めて勝利に貢献。
しかし西軍総大将の毛利家当主・輝元が改易(輝元が独断で決めた西軍総大将就任に対して、広家ら家臣団は内密の会議の結果を関ヶ原で実行したもの)寸前になるところを、広家が自分の褒美と引き換えに毛利宗家の存続を願い出て徳川家康は受け入れたのです。
しかし、毛利宗家は吉川家を諸侯(=大名としての岩国藩)とは届けずに家臣扱い(徳川幕府から見れば陪臣)にし、岩国城も一国一城令を理由に廃城にされてしまいます。
しかし徳川幕府は吉川家を大名扱いし、江戸屋敷を与え、参勤交代も行い、将軍謁見の権利を与えるという複雑な状況(岩国城も「壊さなくてもいいのに」という話)だったそうで…。
岩国城廃城の後、麓の居館が陣屋となって吉川家の岩国領支配は幕末まで続き、第一次長州征伐では幕府軍との仲介役を務め、第二次長州征伐では幕府軍を撃退して、やっと吉川家は大名として認められるという歴史があったりします。

吉香公園を抜けて、錦帯橋まで戻ってきました。
今度は右岸から左岸へと錦川を渡りますが、往路とは観光客が増えてますね。
f0328134_11215153.jpg
f0328134_11222191.jpg
f0328134_11451783.jpg
f0328134_11461387.jpg
 
左岸の橋詰には、編み笠姿の案内人もいて雰囲気抜群!
f0328134_11473951.jpg
最後に、錦川の河原に下りてみます。
f0328134_11481974.jpg
錦帯橋を、下から覗いて見たかったのです。
f0328134_11491759.jpg
f0328134_11493958.jpg
 
錦帯橋は、岩国領第3代領主・吉川広嘉(初代領主は広家)が、中国の西湖に架かる連なった橋をヒントに延宝元(1673)年に架けられたのが始まりです。
右岸の武家屋敷から左岸の岩国市街へ最短で行き来するための橋なので、、、江戸時代は武士と一部の商人以外は通行することができなかったとのこと。
しっかりした修復記録が残っており、歴代修復時の棟梁の名前も分かっていて、、、その記録が現代に至る修復に役立てており、材料の木材もちゃんと育林しているという念の入り様には感服します。

最後に、記念撮影のポジションから錦帯橋と岩国城を撮ってみました。
f0328134_11575008.jpg
 
錦帯橋下河原駐車場を後にして、岩国市から次の目的地へと国道2号線を広島方面へ移動します。
f0328134_11594851.jpg
2日目・その2へと続きます。。。
 
 


[PR]
by chiketas | 2017-11-07 11:30 | お出かけでぶら~り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chiketas.exblog.jp/tb/29464074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。