ブログトップ

楽しみは「ぶら~り旅」にて見聞き知り、備忘録にて残す時。

chiketas.exblog.jp

ストレス解消に、気ままなぶら~りと黄色いアウディA4&青いジャイアントESCAPE AIR→青いルノーカングー&青いトレックEMONDA ALR5レポ。

癒しの2泊3日広島の旅・1日目後編

f0328134_09092876.jpg
癒しの広島旅の1日目、広島市に到着して平和記念資料館~原爆死没者追悼平和祈念館~慰霊碑~原爆の子の像~原爆ドームと平和記念公園内を巡った後は、、、原爆ドームの東道向かいにある「おりづるタワー」へ。



f0328134_09185104.jpg
 
ちょっとお高めな入場料ですが、その価値はあると判断して屋上展望台「ひろしまの丘」へ。
f0328134_09213601.jpg
 
専用エレベーターで12階へ上がると、、、
f0328134_09215893.jpg
f0328134_09231372.jpg
 
ウッドデッキの展望スペースが西・北・南へと広がっています。
f0328134_09252428.jpg
f0328134_09261658.jpg
f0328134_09263670.jpg
 
北の眺めには、広島城がハッキリと確認できます。
f0328134_09274405.jpg
f0328134_09280147.jpg
 
西を望むと、先ほど歩いてきたT字橋・相生橋の姿が。
f0328134_09295985.jpg
 
そして相生橋のすぐ近くには、原爆ドームが地平とは真逆の姿を眺めることができます。
f0328134_09315370.jpg
f0328134_09321321.jpg
 
南に目を向けると、、、
f0328134_09430321.jpg
f0328134_09362707.jpg
 
先ずは広島平和記念資料館~慰霊碑~平和の池~平和の灯が一直線に並んでいる様子が確認できます。
f0328134_09365939.jpg
そして、空色のパーキングタワー(大手町中央駐車場)の横に接している小さな建物が、爆心地である旧島病院です。
原爆ドームは、ここから直線距離で160mに位置します。
f0328134_09415086.jpg
 
折角なので、もう一度西側から夕日に映える原爆ドーム~平和の灯~平和の池~慰霊碑~平和記念資料館の並ぶ様を眺めてみました。
遥か奥には、宮島の弥山の稜線も確認できましたね。
f0328134_09451161.jpg
f0328134_09453340.jpg
 
「ひろしまの丘」を後にして、スパイラルスロープ「散歩坂」を下りていきます。
f0328134_09472611.jpg
f0328134_09474657.jpg
 
おりづるタワーは、東京海上火災保険が建てたビルを広島マツダ(マツダ本社ではなく、地元資本地元ディーラー。創業者の子孫が経営)が取得して、改修した総合商業施設。
場所が世界遺産の直近ということで、景観に配慮したとのこと。
「原爆ドームや平和記念公園を上から眺める」という発想がそうそう無いため、良い機会を得ることができたと思っています。

おりづるタワーを後にして、先ほど「ひろしまの丘」から確認した旧島病院(→島内科医院)へ。
爆心地を示すモニュメントが設置されており、外国人観光客も何人か眺めていました。
この真上600mで「リトルボーイ」が炸裂したのです。
f0328134_09581111.jpg
f0328134_09583043.jpg
 
本通りのアーケード街を東へ進み、、、
f0328134_10032644.jpg
 
鯉城通りを南へ進むと、1日目最後の目的地が見えてきました。
f0328134_10043865.jpg
 
原爆投下に遭っても残った建物「被爆建物」のひとつ、旧日本銀行広島支店(爆心地から380m)。
原爆ドームをはじめ、広島の「被爆建物・橋梁・樹木」は結構残って保存されています。
f0328134_10180490.jpg
f0328134_10205259.jpg
 
入館すると、広々とした銀行受付が。
f0328134_10224369.jpg
f0328134_10230406.jpg
 
この日は、受付内で地元の芸術家の展示が行われていましたね。
施設は日本銀行が所有し、広島市へ無償貸与の上で管理運営していて、こうしたギャラリーとして活用しているとのこと。
f0328134_10241232.jpg
f0328134_10243237.jpg
 
地下1階では、広島平和記念資料館の収蔵資料展がここで展示されています。
f0328134_10355014.jpg
f0328134_10361989.jpg
 
先ずは、OCR室の「原爆の絵」展覧会・「あなたが今いるこの通りで-鯉城通りの惨状-」を拝見。
被爆当時の惨状を生き残った方々が描いたものだが、写真として残せなかった状況がリアルに伝わりました。
f0328134_10395203.jpg
 
金庫の方へ進みます。
f0328134_10414331.jpg
f0328134_10420623.jpg
 
第1金庫室の被爆資料「熱と炎のつめ跡」、、、爆心地周辺の地表面温度が3000~4000℃に達した中、形を変えて残った生活用品を目にすることができました。
f0328134_10452792.jpg
f0328134_10455710.jpg
 
日本銀行支店だけあって、重厚な金庫の扉を間近に見ることもできます(錆防止のために接触禁止)。
f0328134_10473439.jpg
f0328134_10475748.jpg
f0328134_10481400.jpg
 
第2金庫室の新収集写真「2016年度海外資料調査速報展-記録された原爆投下・廃墟の広島-」、、、今でも、アメリカ合衆国の情報公開などで新たに発見され、平成の世に初めて日の目をみる写真などがあるということです。
f0328134_10524356.jpg
f0328134_10530114.jpg
 
一番奥の公文庫は何も使っていないですが、見学可能ということでチラリと。
f0328134_10542580.jpg
f0328134_10581851.jpg
f0328134_10583996.jpg
 
旧日本銀行広島支店を訪れた目的は果たしましたが、折角なので2階へ。
エレベーターで上がって、廊下途中の階段を下りて、、、
f0328134_11031809.jpg
 
食堂では「広島の復興をたどる写真展 町・人・てんてん」が催されてました。
f0328134_11060772.jpg
f0328134_11062707.jpg
 
食堂を出て、廊下を進むとまた階段を上がって、、、
f0328134_11072572.jpg
支店長室では常設展示「旧日本銀行広島支店資料室」として、被爆前の写真や図面、被爆時の状況を示すパネル等を見ることができます。
f0328134_11103395.jpg
f0328134_11104913.jpg
 
支店長室内には、被爆時にガラスが吹っ飛んで壁に欠片が突き刺さった跡が残っていて、今でもライトを当てると奥にガラス破片が光る状態。
f0328134_11134315.jpg
f0328134_11140082.jpg
 
支店長室を出て、1階へ戻ります。
ここまで拝見して、規模は違えど三井本館明治生命館を見学した時の事を思い出した次第。
f0328134_11202694.jpg
 
爆心地より380mという至近距離ながら、日銀支店として頑丈に造られた建物であったため、被爆建物の中でも抜群に保存状態が良いとのことです。
被爆から2日後には業務再開、平成4(1992)年3月まで現役だったという事実が凄いです。
現在は広島市指定重要文化財、国指定重要文化財を目指して耐震工事などを行っている最中で、指定された暁には日銀から広島市へ無償譲渡される予定だそうです。

外に出ると、すっかり日が落ちて夜になってました。
f0328134_12163618.jpg
 
この後、夕食を取って宿泊先へ。
平和の尊さを感じる充実した1日目に満足し、好天に恵まれて予定通りにプランが進んでホッとした次第です。

2日目に続きます。。。
 
 

[PR]
by chiketas | 2017-11-06 17:30 | お出かけでぶら~り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chiketas.exblog.jp/tb/29398113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。